ワイヤレス防犯カメラVS有線防犯カメラ どちらが素人が付ける場合メリットが高いか

防犯カメラ 設置工事

 ワイヤレス防犯カメラは素人の人でも簡単に取り付けることができる点がメリットです。しかし、取り付け場所によっては鮮明な映像を得ることが難しいケースも少なくありません、またこのような状況になった場合に素人ではこれを修正することが非常に困難であるというデメリットがあるのです。一見簡単なように見えて、実使用上は様々な問題を発生してしまうことが多いのがワイヤレスの特徴であり、この点に充分注意をして選ぶことが必要となります。

防犯カメラワイヤレス
※画像は有線防犯カメラ

ワイヤレス防犯カメラVS有線防犯カメラ どちらが素人が付ける場合メリットが高いか

 防犯カメラを取り付ける場合、ワイヤレス防犯カメラと有線防犯カメラのどちらを選ぶかはその取り付けやすさとメリットを十分に比較して決めることが大切です。それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分の用途や使用環境に合わせて選択することが高い効果を生むことにつながるためです。

設置時ワイヤレス防犯カメラメリット・デメリット

 ワイヤレス防犯カメラは配線が不要で設置場所を選ばないと言うメリットがあります。有線の場合には配線の長さやその取り回しに注意をして設置を行わなければならないことから、設置できる場所が決められてしまう傾向があるのですが、ワイヤレス防犯カメラの場合には物理的に接続するための線が不要であるため、無線が届く範囲であればどのような場所でも設置をすることが可能と言うメリットがあるのです。無線設備では宅内のwifiでもたまに接続が途切れたり原因不明の不調に見舞われる場合がありますが常に使用状態であるためにそれらの遮断がわかる状態にあります、ワイヤレス防犯カメラの場合常に監視などという事はなく遮断や通信切断において通知機能がある場合は別ですが、肝心な防犯場面でワイヤレス防犯カメラ機能を果たすことができないという致命的な場面となる事もあります。

ただし、ワイヤレス防犯カメラの場合には無線でデータを送信するためその状況によって映像が影響を受けてしまうと言う問題が考えられます。特に最近では様々な電波が利用されていることが多いため、距離が長くなればなるほどその影響を受けやすくなってしまうのです。この場合には素人では対応が非常に難しく、専門的な知識を持った人が状況を測定した上で最適な方法を適用することが必要となります。また機器の性能や無線の状況によっては十分に改善をすることができないケースも少なくありません。

ワイヤレス防犯カメラ の利用方によって機種を選ぶ

 そのためワイヤレスの場合には一見取り付けが容易で、素人に向いていると考えられがちですが、実際に防犯カメラとして最適な効果を得るためには、有線の方が確実性が高いと言うことも考えられます。また単純に物理的に先を接続すればその解像度が安定している有線防犯カメラに比べて、ワイヤレスの場合には無線の状態によって解像度が影響を受けてしまうため、調整が難しいと言う問題があるのです。そのため、防犯目的でできるだけもっと鮮明な映像を得たい場合には、素人にとっては有線防犯カメラの方が扱いがしやすいと考えられる面が多くなっています。どうしても、ケーブルの問題や工事問題があとを引きその部分だけでデメリット(逆にメリット)としてしまう場合があります。特にワイヤレス防犯カメラ通販においてはこれらをメリットとしてうたって販売されている場合が多く、しっかりとした防犯を考える場合には、有線防犯カメラで、警備上の問題点をしっかりプロの目で確認できる防犯設備士等がついているプロに任せるのが結論としては良いという事になります。

ワイヤレス防犯カメラを素人が設置する場合の心得

 ワイヤレス防犯カメラは素人の人でも簡単に取り付けることができる点がメリットです。しかし、取り付け場所によっては鮮明な映像を得ることが難しいケースも少なくありません、防犯用途によっては簡易で済む場合と、そうでない場合を鑑みて、安いから、簡単に設置できるからと、価格面や難易度だけを判断基準にするのは、防犯の目的からはやはりずれてしまいます。また、実際写らないや、メンテナンスの面では素人ではこれを修正することが非常に困難であるというデメリットがあるのです。一見簡単なように見えて、実使用上は様々な問題を発生してしまうことが多いのがワイヤレスの特徴であり、この点に充分注意をして選ぶことが必要となります。