wifi式と無線式 ワイヤレス防犯カメラとしてどちらが防犯対策に有効か?

防犯カメラ 通販
防犯カメラ 通販

wifi式と無線式 ワイヤレス防犯カメラとしてどちらが防犯対策に有効か?

防犯カメラのワイヤレスと一言に言っても大枠では
wifiでの通信と無線通信とに分けられます、今2万円以下で出回っている
殆どの防犯カメラ 通販 で販売されている商品が、wifiによるワイヤレス
での通信となります。ワイヤレス通信では障害物や壁、鉄筋コンクリート
などがあると結構な確率で飛ばすのが難しいのと安定感がありません。
特に屋外で、家と駐車場や事務所、倉庫などを監視する場合では、距離が
伸びれば伸びる程肝心な部分で録画が出来ないなどがありえます。
その場合、SDカード式の防犯カメラでそもそもwifiを使わない、
監視時にスマホで監視が多少できなくても撮影したい時、場面で録画ができて
いればよしとする場合は、選択肢の1つとしてもありかもしれません。

但し録画機(DVR)でしっかりとした防犯体制を引きたい場合
又は、SDカード式や簡易防犯カメラでは不安という方では、wifi式のワイヤレス
防犯カメラは使えないかもしれません。設置時に大きな障害となるような物や
壁等がないか確かめる必要があります。また中継器や、屋内からの配線について
はwifiを使わずに有線を使うのも1つの方法と言えます。

防犯カメラ 通販
防犯カメラ 通販

wifiで不安な場合はやはり「無線式ワイヤレス防犯カメラ」が有効です。
無線の場合ですと、wifiとくらべ電波法内で出力がwifiと比べて段違いとなる
事から普通の1戸建ての家では録画機と防犯カメラまでの距離が相当な物でない
限り飛んでくれる事が多いです。但しやはり無線でもwifiでも電波には変わり
無い事から見通し内通信である事を念頭に置いて導入する必要があります。

因みに・・・
無線式でも、カメラそのものが中継器となり、無線が直接届かない
場合でも一戸建てや倉庫、駐車場全体をこのような個々のカメラ間での通信を
行える事でカバーする事も可能なワイヤレス防犯カメラもあります。また大概
の場合は屋内から録画機本体が無線発信となりますので屋内の壁に阻まれて
屋外への電波が届きにくいというのがありがちなトラブルの一つです。その場合
録画機からケーブルにてアンテナ本体を延長し、屋外にアンテナを設置する事
で解決する場合もありますので、そのようなワイヤレス 防犯カメラを探すのが
よいかと思います。

防犯カメラワイヤレス を設置した経験談・感想や要望

最近、自宅の付近で車にいたずらをされたり、壁に落書きをされるなどのいた
ずらが続いていました。車や壁にいたずらをされるのは困るのですが、家は共
働きで子供がいるので、子供が一人でいるときに何かあったらと思うと心配で
たまらなくなり、夫に何か防犯の良い方法がないか相談をしました。
夫は最初はそれほど神経質にならなくてもいいのではないかと言っていたので
すが、子供に何かがあったときは取り返しがつかなくなると思ったのか真剣に
防犯対策について調べてくれるようになりました。

最近は、ネットでもいろいろな防犯対策のためのグッズが出ています。
防犯カメラがあれば不審者も家に近づくことができないのではないかと思って
いたのですが、カメラの費用だけでなく、設置となると手間もかかり、自分た
ちでできるかどうかも不安があるので、設置したいという気持ちはあるものの
諦めていました。そんなとき、夫が通販で気軽に購入できて設置も簡単にできる
ワイヤレスの防犯カメラがあるので、購入してみようかと言ってきました。

高額なものは無理だと思っていたのですが、夫が見つけたものは思っていたより
も低価格で画像もはっきりと写るカメラでした。ワイヤレスで操作をすることが
でき、スマートフォンからも操作が可能なので、子供が1人で家にいるときも外
から防犯カメラの操作ができるところがいいなと思い、思いきって購入しました。
実際に利用してみると、機械音痴の私でも簡単に使うことができ、何よりカメラ
があるという安心感に満足しています。

ワイヤレス防犯カメラ 通販 なら

1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*