防犯カメラ・監視カメラとはどのようなものか?

防犯カメラといっても色々な種類が存在します。世界的にみても防犯カメラ普及率は日本はすごく低いのが現状です。日本では調査結果そのものが存在しているか分かりませんが、業界の人から聞くところによると大よそ3-5%程でほんとの普及していないと言っても過言ではありません。中国、韓国に比べると相当低いのが現状です。但しアジア圏において治安が悪い、犯罪が横行しているなど、そういった観点からは日本は除外されます、そういう意味では防犯カメラ・監視カメラの普及率が低いのも納得できますし、容易に想像ができます。

防犯カメラ・監視カメラ

 

防犯カメラを大きく分けた種類

アナログ 防犯カメラ

同軸ケーブルでつなぐ日本では一般的な防犯カメラとなります。一般的に想像できるマンション・ビル・オフィスビルなどの警備員室にあるようなものは、白黒で大体50万画素以下のものが一般的につかわれていました。おそらく今も古い設備ならそれ以下の画素数で運用されている所が多いのではないでしょうか?前述したように、犯罪前提ではんなく抑止前提で取り付けられている場合が殆どなのと、やはり数十年前単位ですと、防犯カメラセットを一式導入するにも数百万(数十台のカメラと録画機、それにかかわるシステムなどを入れると)単位でかかる物でしたので、一般的に普及するのに時間がかかったのは金額が高いからとも言えます。

IP・ネットワーク防犯カメラ(NVR等)

インターネットに接続を行え、IPアドレスをあるカメラの事をIPカメラ、ネットワーク防犯カメラというようです。インターネットに接続する事で、遠隔監視やパソコンやスマホからも監視が可能になるという利点が大きいです。またネットを介する事で運用費用が圧倒的に下がる事もでき、ワンケーブルと言われるLANケーブルと電源が一体となった物を使えば、カメラ単体の電源確保も必要なくなり、防犯カメラ工事・設置、運用面でも効率的になります。

 

防犯カメラの運用(工場・店舗)

近年新興国の中で多く導入が進んでいるのが、工場のラインの監視及び効率化を検討する上での材料又は、ビデオ解決技術により、人の動きの解析やライン効率化における画像解析がAI等で進んでいることがあげられます。また工場内外での運用では、セキュリティ強化や産業スパイ、産業の防衛、知的財産やデータの持ち出しなど、ネットワークからのハッキング以外にも物理的流出が殆どと言われる日本では、抑止力としても活躍しています。また工場の外壁や外への監視、侵入者への威嚇・警告など、監視のみならず、未然に防ぐ事で余計な被害を防止する働きも持ち合わせています。

店舗(飲食店、高額物品販売店、パチンコ店、商業施設等)様々な場面で防犯カメラを見るようになりました、人が行き来するような場合ですと、無銭飲食や閉店間際の強盗、盗難、盗みなどの監視に大いに役立ちます、繰り返しの犯罪者は必ず下見をすると言いますし、抑止が効くいている状態で犯罪を犯すリスクを考えて行動するはずなので、防犯カメラを設置する事により余計な被害や抑止をする事による防衛は店舗運営にとって、リスク管理すべき問題の1つです。(レジや従業員への抑止にもつながりレジや物品の従業員、バイトからの盗難なども防ぎ、余計な感情を抱く必要もなくなります)

安価で簡単設置ができるトレイルカメラ(入門系防犯カメラ )

楽天市場やYahoo!ショッピングなどネット系モールで多くみられるトレイル系の防犯カメラ。特に手軽でだれでも簡単に設置できて高解像度を売りにしてかなり多く出回っている入門機、基本的には野外などの動物などを定点観測するもので使われていたものなので若干用途が違うがそれでも、手軽で簡単に設置できて監視という目的そして安いという事から根強い人気がある防犯カメラの1つです。

なぜトレイル防犯カメラが人気なのか?ぶっちゃけどうですか?

防犯カメラの通販